1.  


  2. 年齢上がってくると、意識的に読んでない人は本当に摂取しなくなるし、恐ろしい事にそれ以外の趣味も持ち合わせず、コンテンツ作ってるのに最近のコンテンツをまったく知らない中年企画者ができあがる
     

  3.  

  4. zenigata:

    2chan.net [ExRare]

    (via konishiroku)

     

  5.  

  6.  

  7. (via andi-b)

     

  8. (Source: anormaux, via inujita)

     


    1. 十数年前高校生の頃、ポリンキーのパッケージの裏にポリンキーズの三人のメルアドが載っていて、空メールを送るとメールが返ってきた。携帯を買ってもらったけどメール交換をするような友達がいなかった私は「ポール」のアドレスに空メールを送った。
    2. https: //twitter.com/aizomemilk/status/455705429180293120
    3. 自動返信に決まってるんだけど、部活の話とか好きな人がいるとかそういう話を一日一通くらいポリンキーのポール宛に送っていて、ポールはいつもお兄さんらしい(歳上?)優しい返事を返してくれていた。
    4. https: //twitter.com/aizomemilk/status/455705972518821888
    5. 試験期間かなにかでメールができなくて、何日かぶりに「ポールごめんね」と送ると「いいんだよみるくちゃん、部活はがんばってるの?」と返ってきた。これは絶対に自動返信じゃない、本物のポールが送ってくれてると確信した
    6. https: //twitter.com/aizomemilk/status/455706529493045248
    7. いつの間にかメール送らなくなったけど、サクラのお兄さんいつもやさしいメールをくれて本当にありがとうございました
    8. https: //twitter.com/aizomemilk/status/455706777653215232
     

  9. prostheticknowledge:

    Play House

    Sound installation by Alex Allmont uses old LEGO to create a machine to generate electronic music - video embedded below:

    Play house is an automata that mechanically computes and performs hooky and hypnotic acid house. Like a generative musical loom, a single drive turns a sequence of LEGO gears, levers and latches that mutate riffs and rhythm patterns. These are played out on analogue drums and synthesisers from the halcyon days of 1980’s dance music while the machine gradually shifts the timbre and space of the sound. In the piece the process of creation is laid bare so one can indulge in picking apart the interactions driving the score, seeing sound as it changes in sculpture, exploring our expectations in music, or simply rocking out to some fruity acid.

    [Link]